Entries

猪瀬さんとの再会

昼ごろ、突如友人の猪瀬浩平くんから携帯に電話があり、近くのくらしセンターべしみまで来ているから会えないかとのこと。

浩平くんは、見沼田んぼ福祉農園(http://homepage2.nifty.com/minumafarm/)の学生ボランティアグループ「見沼・風の学校」の事務局長で、若手研究者でもあり、実践の人でもある。
見沼田んぼの保全のための、埼玉県による公有地化事業の一環として、見沼の農的保全と障害者の社会参加を目的として98年にスタートした見沼田んぼ福祉農園。
単なる営農活動にとどまらず、見沼の文化と歴史を再発掘しようと、研究誌「見沼学(みぬまなび)」を発行しており、今日はその取材でわらじの会を訪れたようでした。(わらじの会も福祉農園協議会の構成団体であり、またその設立の経緯も農村文化と都市文化と出会いという側面があり、そのあたりの話を取材に来たようだ)
浩平君の父親で、福祉農園の代表でもある猪瀬良一さんも一緒に来ていました。
先進的な取り組みとして全国から視察に訪れる福祉農園を一貫してリードしてきた方で、障害をもつ息子さん・良太さんの高校入学の運動でも力を発揮された方です。
inosesann.jpg


時間がなかったために、ほんの短い時間の再会でした。
思えば、私が5年前に鳥取の農村に住み込みの農業ボランティアに行ったきっかけも、この「見沼福祉農園」や「風の学校」での体験がきっかけでした。

スポンサーサイト



事務所開きのお知らせ

「辻こうじと生け活けクラブ」の事務所開きをします。
ぜひ、みなさん来てください。

日時:2月4日(日)13時から
場所:辻こうじと生け活けクラブ事務所(越谷市袋山1400大袋マーケット内)
内容:辻こうじの話、ししまい、ミニライブ、軽食など)
参加費:200円
20070122225800.jpg

越谷市議選にむけては「辻こうじと生け活けクラブ」という政治団体を作って活動していきます。これはいわゆる「後援会」にあたるものになります。

ふつうの議員は自分の政治活動の支援団体としてよく後援会を作ります。しかし私の所属する越谷市民ネットワークは、議員はあくまで市民の「代理人」という考え方から、議員個人に対する後援会というものは作りません。
政治活動も、ネットのみんなでやるという考え方で、議員と市民が「支援するされる」という関係ではありません。

ただ、公職選挙法上、後援会組織を作った方が、看板を立てられたり、政治献金(カンパ)を受けやすかったりというメリットがあるために、こういった組織を作ります。

にぎやかにやりたいと思ってます。おもしろい企画も大募集中です。


Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
埼玉県議会議員
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。
2019年 埼玉県議選初当選

最近の記事

月別アーカイブ

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる