Entries

格差論ブームに思う

フリーターの急増などでワーキングプア(働く貧困層)の増大などを受け、「格差」問題が注目されるようになりました。
「ヒルズ族」に代表される一握りの「勝ち組」と大多数の「負け組」を生み出す格差社会。
今日の国会の論戦も、「格差問題」が論点になったようでした。
社会保障を切り下げ、雇用を不安定化させて政策的に格差を生み出してきた自民党とそれを支える公明党までも、いけしゃあしゃあと「格差問題の解決」を掲げる欺瞞!

格差社会は、規制緩和だの民営化路線だのと言う中で労働条件が切り下げられ、不安定雇用が増え、社会保障制度が改悪されて作り出されてきました。
今、「いざなぎ景気」を上回る戦後最長の「好景気」なんだそうです。
実感あります?
一体どこにその利益が行っているのでしょうか?
結局、雇用と社会保障を切り下げによって働く人と社会的弱者を切り捨て、一方で大企業を優遇することで経済成長しているわけです。
経済成長によって再び生活が底上げされ、格差も縮まるなんてことはもうないのです。

先日、大阪の長居公園で大規模な野宿者の強制排除があり、大きく報道されました。
失業し、住居も維持できず野宿を余儀なくされ、アルミ缶集めなどのわずかな現金収入と仲間同士の支えあいで生きる野宿者に対し、十分な支援策も示さず、コミュニティーを破壊し、追い散らしていく行政当局。
失業、野宿の原因を、単なる本人の「意欲や能力の欠如」にすり替え、不十分な「支援策」に乗らなければ「わがまま」とされ排除される。

私は東京の野宿者支援活動に、細々とですがかかわらせてもらっています。
東京でも隅田川沿岸などで追い出しがかけられています。

私は、社会を見ていくときに、野宿者支援活動がひとつの機軸になっています。
スポンサーサイト



Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
埼玉県議会議員
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。
2019年 埼玉県議選初当選

最近の記事

月別アーカイブ

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる