Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

「健康」と「迷惑」

路上喫煙防止条例を作ってほしいという方がいました。
路上で吸うタバコの煙が家の中に入ってくるのが嫌ということでした。

確かに、喫煙マナーが悪い人もいます。
人ごみで火のついたタバコを手に持ち歩いたり、吸殻をポイ捨てしたり。

一方で、現在の喫煙者に対する官民あげたバッシングもすごいものがあります。
私自身はタバコは吸いませんが、昨今のタバコに対するバッシングにはやや違和感を持ちます。

そのキーワードは「健康」と「迷惑」だと思います。
健康増進法の施行に見られるように、健康であることは個人の幸福追求の手段であることを超えて、いまや国民の「義務」となり始めています。

たとえば、介護保険法の改正によって登場した「介護予防」給付。
これは高齢者に筋トレをさせて要介護状態にさせないというもの。
本来、加齢によって身体機能が低下しても、介護などのサポートを受けることで通常の生活が営めるようにすることが目的だったはずが、介護サービスを使わせないためのサービスともいうべき「予防」という考え方が導入されました。

そして、様々な健康食品や健康法がマスコミで取り上げられ、世界でもっとも栄養状態のよいはずの日本人が、もっとも病気になることにおびえているように思います。

近年、国が異常なまでに「健康」であることを煽りたてているのは、高齢化社会に向けての医療・福祉の利用を抑制するためだと思います。
もちろん、医療も福祉も、使わないで生活することに越したことはありません。
しかし、「健康」であることは個人の努力義務とされるということは、裏を返せば病気や障害も自己責任であるという思想につながります。

「健康で文化的な生活」を営む権利は国民誰しもにあります。
しかし、それは「健康」であることを、国家から強制されることとは違います。

ナチスドイツにも健康増進法があったそうです。
そして、ナチスドイツや軍国主義下の日本、古くは軍事国家スパルタなど、戦争国家は常に「健康」を至上の価値とし、戦争を遂行するに耐えうる健康な国民を作り出すことに躍起になりました。
そして、その陰で、障害者など戦争に役立たない「不健康」な人たちは、隔離収容されたり、抹殺されてきた歴史があります。

現在の日本の、官民あげた「健康」キャンペーンと日本の戦争国家化を結びつけるのは、拙速かもしれません。
しかし、憲法九条の改悪、教育現場での愛国心の強制などの動きを見ていると、そういった「におい」を感じずにはいられません。

喫煙の話に戻れば、今、「迷惑行為」という言葉が一人歩きしているように思えます。
ポイ捨てや路上喫煙、客引きや付きまとい行為など、何でもコミコミで「迷惑行為」としてくくられます。自治体によっては「迷惑防止条例」で罰せられることもあります。
しかし、「迷惑」という概念は非常に主観的なものです。
何をもって「迷惑」と感じるかは十人十色です。
しかし、そういったあいまいなものが、処罰の対象となる。
そして様々な人たちが暮らす社会の中で、迷惑をかけずにいることができるのかという本質的な問題もあります。
「お互い様」という言葉があります。
迷惑を法律で罰するのではなく、コミュニケーションによって解決することが求められているように思います。

みなさんはどう考えますか。

もしかしたら、「迷惑行為」を容認すると誤解を招くかもしれませんが、あえて書いてみました。




スポンサーサイト

こーじコーナー中止

お知らせが直前ですみませぬが、本日29日(木)のこーじコーナーは急遽中止させていただきます。

私の元の職場でもある、ケアシステムわら細工の運営委員会と重なっているため、そちらに出席をいたします。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。
来週以降は、通常通り、木曜19時より行ないます。

1年間ボランティアのお疲れ様会

わらじの会の「1年間ボランティア」の金子ゆかりさんが1年間の活動任期を満了し、くらしセンターべしみでのお疲れ様会が持たれ、参加しました。

「1年間ボランティア」とは、社団法人日本青年奉仕協会(JYVA)(http://www.jyva.or.jp/index2.html)が主催する「青年長期ボランティア計画」のこと。
青年を原則1年間、全国の福祉や教育関係の団体に住み込みボランティアとして派遣する事業で、わらじの会は1990年から毎年受け入れています。
毎年、様々なバックグラウンドや課題をもった青年がやってきて、住み込みでボランティア活動をする中で悩み、戸惑いながら成長し、何か「ふっきれていく」姿を、毎年の受け入れの中で目にしてきました。
また、受け入れ側としても毎年、新鮮な感覚をもった青年がやってくるということは、「新しい風」として刺激になります。

しかし近年、文部科学省からの補助金が打ち切られたりする中で事業規模が縮小し、それに伴い応募者も減少。定員割れを起こし来年度はついにわらじの会への派遣はなしという事態になっています。

かつてと違って、インターンシップや短期留学、ワーキングホリデーなど、「多様な選択肢」が青年に用意されるようになり、「1年間ボランティア」事業のようなものの存在意義が薄れてきているのでしょうか。

確かに青年の「モラトリアム」向けのマーケットはバブル崩壊後、充実してきています。
しかし、インターンシップにしろ、短期留学にしろ、個人主義的傾向が強く、またスキルアップ的な要素が強いように思えます。
「1年間ボランティア」のように、参加者同士の連帯や活動先での濃密な時間といったノリとはやや違うと思います。
そういう意味では、こういう事業が縮小していくのはさびしいものがあります。

かと思えば、先日、おととしの1年間ボランティアのHさんがひょこり現れました。活動任期を終えて故郷に帰ってからも、いまだ自分探しをしている様子。4月からは資格取得のためにまた学校に通うのだとか。

私も26歳のとき、山村1年間ボランティア「緑のふるさと協力隊」として、1年間鳥取の山村で農業ボランティアをしたことがあります。
農業技術は、ほとんど忘れてしまいましたが、人との接し方はそこで学んだことが今でも生きていると思います。

富士こうじでございます

タイトルに深い意味はないのですが、この日は富士山がくっきり。
朝の北越谷駅西口での情宣。
めちゃちゃ寒かったんですけどね。
20070324010655.jpg

終わった後にごほうびか、きれいな富士山。
県議選の向こうに見えます。
20070324010620.jpg

勝手連、サティー前を占拠

わらじの会のメンバーを中心とした「辻こうじさんを勝手に応援する会」の方たちと、せんげん台サティー前で情宣をやりました。
ビラの受け取りも抜群に良かったです。
障害者のメンバーもたくさん来てくれたので、自立支援法や障害者の就労支援の話を重点的に話しました。
20070324010232.jpg

福祉の問題は私の得意分野。そして、背伸びせず、自分の経験に基づいて自分の言葉で話せます。
そして私と一緒に活動してきた障害のある人たちも一緒にビラをまいてくれるととても伝わりやすく、ありがたかったです。

都知事選について、ふたたび

よその選挙のことを気にしている場合ではないのですが。

浅野史郎さん応援団の公式ホームページです。

http://minnanochikara.jp/asano/

昨日の「辻こうじと語る会&ミニコンサート」でも、「石原・小泉になぜ若者が回収されていくのか」といったことが話題のひとつになりました。
なかなかおもしろい議論でしたが、その報告はまたに改めるとして、都知事選には注目していきたいと思います。

小泉・石原はカッコいいか悪いか

辻こうじと語る会&ミニコンサート第2回目。

今回は、私はあまりしゃべらず、参加者が自己紹介を兼ねながら一言ずつ話すという形式をとりました。
ストーブを囲み、餅を焼きながらの語る会です。
20070324005151.jpg

参加者の一人のカリくんが、「自分は小泉純一郎のような奴はすごくカッコ悪いと思う」と言っていました。
メディアに簡単に若者が捕らわれてしまうことの危うさについての発言です。カリくんは、小泉のどこがかっこいいのかまったくわからない、とのこと。
それに対して初参加の大学生Kくんは、「小泉はメディア戦略はうまい」と。
私は、「小泉や石原慎太郎の手法は、常に敵を作りそれを叩くことで人々のフラストレーションを解消させ、自分が人気を得るやり方で、健全でない。郵政民政化も、リストラや超過勤務で苦しんでいる民間企業の労働者の不満の矛先を政府からそらすために、民間労働者よりも若干優遇されている公務員労働者・郵政労働者に向けさせ、”お前たちが苦しいのは、あいつらがいい思いしているからだ。だから引きずりおろせ”というように労働者同士をいがみ合わせることを目的としている。」という話をした。

核の問題については、Iさんが「核の拡散には、縦軸と横軸の拡散があり、縦軸の拡散は、現在の核保有国がさらに保有数を増やすことであり、横の拡散とは、新たに核を保有する国が増えていくこと。現在の核をめぐる問題は、縦軸の拡散は認め、横軸の拡散は認めないというもの」という理論を紹介し、核保有国にとって都合の良い今の核をめぐる情勢の話をしました。

トークの後は、音楽。
tanakasan.jpg

南越谷の石田さんに加え、カリくん、フリースクールスタッフのTさんも打楽器やギターでビートルズなどで盛り上げてくれました。
私は三線で沖縄歌謡曲「十九の春」とソウルフラワーユニオン」の「満月の夕べ」を歌い弾きました。
終了後は若者メンバーなどで大袋の白木屋で2次会をしました。

語る会&ミニコンサート第2弾

告知が直前になりましたが、「辻こうじと語る会&ミニコンサート」第2弾を、本日3月18日(日)19時より開催します。

今回は、前回お客さんとして来てくれた方が演奏者として出演してくれるといううわさも!
また前回に引き続き、南越谷在住の石田太一さんのギターも聴けます。

場所は、辻こうじと生け活けクラブ事務所。

こなきゃ、お仕置きよ!(意味不明)
20070212234702.jpg

政治活動の副産物

木曜の夜は辻こうじとまったり語ろうということで、「こーじコーナー」の第3回目。

と、言っても、どちらかといえば、参加者の方がいろいろ自分のことを話、私がそれについて意見を言うというパターンでここ最近は定着しています。

今回はNさんが、自分の生い立ちを含めて政治に期待することを話してくれました。

考えてみれば、政治活動をするようになって、今まで話さなかった方や、知ってても改めて話したり、お宅に訪問したりといった機会がなかった人と交流を持つことができました。
それはひとつの財産だなと思います。
選挙に勝っても負けてもです。

私の本籍地

今日は選挙管理委員会に提出するために、荒川区役所に戸籍抄本を取りにいきました。
私の本籍地は南千住であり、確か曽祖父がそこで呉服屋を営んでいたそうです。
日雇い労働者の町(寄せ場)・山谷地区でもあります。
私が学生時代から山谷労働者・野宿者の支援活動に関わったのは偶然ですが、奇妙な縁です。

町屋から都電に乗っていきました。
歩こうと思えば歩けますが、都電に乗りたかったので乗りました。

梅祭り

越谷の梅林公園の梅祭りに行きました。

といっても、真の目的は、越谷市障害者生活支援センター「苞(ぱお)」主催の交流会で、三線の演奏を頼まれたためです。
「朝里屋ユンタ」を弾き、「サーユイユイ」という合いの手をみんなに入れてもらいました。

梅祭りは初めて行きました。
北越谷周辺地区のお祭りかと思いきや、市内各所の自治会や福祉団体なども店を出しており、全市的な催しなのだと初めて知りました。

ワーカーズ・コレクティブという働き方

越谷市東大沢のワーカーズコレクティブ「キッチンとまと」を訪問しました。
「とまと」は安心・安全な食材にこだわり、生活クラブ生協の食材と地場野菜を使ったお弁当のお店です。
ワーカーズコレクティブは、働く人たちが自ら出資し、自ら経営し、収益も平等に配分するという民主的な事業体のことを言います。
日本語に訳すと「労働者協同組合」ということになるのでしょうか。
農林水産業の従事者や個人商店などの減少によって、日本の労働人口の中で「雇われて働く」人の割合が大幅に増えています。
一方、労働運動の衰退によって、働く人たちの立場は弱くなっており、過労死、リストラ、非正規雇用化などが横行しています。
そんな中、「雇われない働き方」として、ワーカーズコレクティブは注目されています。
しかし、ワーカーズの担い手の多くは主婦にとどまっており、またその事業規模も生計を維持するほどの賃金を得ている団体はほんの一握りなのが現状です。
tomato.jpg

そんな中、キッチンとまとには、男性スタッフが何人かいらっしゃいます。その中の一人で定年退職後、とまとの配送業務に携わっている男性と話すことができました。
この方は、現役時代はバリバリ企業で働いていた方です。そういう方にとって、ワーカーズはどう見えるのか興味がありました。主婦の小遣い稼ぎのようにしか見えないのではないかなとも思いました。
しかし、聞いてみると大変興味深いことをおっしゃっていました。
「企業は、まずやるべき業務があり、その業務に耐えうる人材が集まる。それに対し、ワーカーズで働く人たちは体力や生活状況もまちまちで、その中でその人に合わせた働き方をしている。まず、先に人がある。しかし総体としてはきちんと必要な業務をこなしている」

企業の第一線で働いていた人が、リタイア後に地域で何か活動しようとしても企業の論理を持ち込み、結局うまくいかないことがよくあります。
しかし、企業の論理もわかりまた市民活動の論理もきちんと理解して評価する人は貴重と思います。

越谷市は、埼玉県内ではワーカーズの数も多いほうです。(私の知る限りでは6団体)
私も「リサイクルcafe こぶくろ」という障害があっても歳をとっても働けるリサイクルショップのメンバーでもあります。
イタリアでは、このような協同組合がたくさんあり、さまざまな人たちの雇用の受け皿になっているそうです。
20070310233914.jpg

写真はキッチンとまとの作業風景とオードブル

都知事選を見る

石原慎太郎東京都知事に対し、浅野史郎元宮城県知事が挑戦をするということで、大々的に報道されています。

浅野さんは、石原都政の問題点を「差別発言、都政の私物化、側近政治、恐怖政治のような教育現場など」とし、「石原都政はもうたくさん、という悲鳴にも似た声が寄せられた」ことなどによって出馬を決意したとのこと。

石原都政を終わらせなければ、日本の政治はだめになる、という浅野さんの認識は、私も同意見です。
かつて、東京都立大学に通っていた私はそこで石原知事によるほとんど思いつきのような「改革」によって大学が事実上「なくなってしまった」という経験があります。
また、教育現場での日の丸・君が代の強制とそれに従わない教師を何百人も処分したり、性教育を人形を使って教えた都立七尾養護学校に対し、校長を始め教職員を大量処分したりといった教育現場での強権支配は目にあまるものがあります。
そして、重度心身障害児に対して「ああいう人たちは人格はあるのかね?」という発言、在日外国人に対する「三国人発言」、生殖能力のない女性は価値がないという「ババア発言」などの暴言の数々。
暴言そのものも問題ですが、もっと問題なのはマスコミや周囲がそういった暴言に慣れてしまい、あまり問題にされなくなりつつあること。そればかりか暴言は「石原節」などともてはやされ、いちいちその発言に目くじら立てて問題にすること自体が無粋であるかのように言われる傾向まで出てきています。
石原慎太郎氏のような政治家が幅を利かせているような国であってはいけません。
強いリーダーシップに期待し評価する人もいます。
しかし、石原氏の手法は人々のコンプレックスを利用し、常に敵を作りそれをたたくことで闘っているポーズをとっているにすぎません。
中国に対するコンプレックス、女性に対するコンプレックス、教師に対するコンプレックス、労働組合や市民運動などの物言う市民に対するコンプレックス。
そういった屈折した一部の市民の感情をうまく利用し、その人たちに替わって叩くことで胸がすっとする。そういう手法は、排外主義であり、ナチスがユダヤ人や障害者、同性愛者など様々なマイノリティーを抹殺することで人気を得た構図と同じです。
自分の代わりに誰かがむかつく敵を殲滅してくれる、それで胸がすっとする。それは麻薬でありまた本質的な解決につながりません。
民主主義は手間も暇もかかあります。
それほどわかりやすい成果が出ないこともあります。
でも私はそちらの道を選んでいくべきと思います。

予定

近い予定は以下のとおりです。
ぜひご参加を。

●駅立ち
7日(水)せんげん台東口 朝
9日(金)北越谷駅西口 夕方
13日(火)北越谷駅東 朝
23日(金)大袋駅 夕方

※朝は7時から8時
 夕方は18時30分から19時30分

●イベント
□辻こうじと語る会&ミニコンサート 3月18日(日)19時から 事務所にて
□こーじコーナー 毎週木曜夜7時から8時半くらい 事務所にて

4年間文句言えるから

市民ネットのYさん宅に用事があり行ったところ、ちょうど隣の家に、とある保守系市議会議員の支持者が来ているところでした。
「今回入れれば4年間文句言えるからさ。頼みますよ」と投票依頼している様子。
この会話を聞いていて、この方たちにとっての議員と市民の関係って何なんだろう?と思いました。
「先生」と奉る一方で、「投票してやったんだから、言う事聞け」と見返りを求める。

私が先日、とある方と話をしたときに、その方から「ずいぶん若いわね。でも議員はやっぱりベテランじゃないとね。家の前のドブにフタをして、と言えば、ベテラン議員ならすぐやってくれるわよ」と言われました。

市民は、票を入れた見返りとして、議員を便利に利用する。
その替わり、たいていのことは議員にお任せをする。
そこには、市民が街を作っていくんだという「参加」の考え方はありません。

市民ネットは16年前、「市民参加」を掲げて誕生しました。
いまや自民党までも「市民参加」という言葉を使うようになりました。
しかし、彼らの言う市民参加とは何でしょうか。
本気で市民が政治に参加してきたら、おそらく困るのはこういった「見返り構造」に乗っかった議員たちでしょう。
市民の要求を適度に聞いてあげて、あとは無知でいてくれることが一番便利なわけですから。

20070305131206.jpg

さて、話は変わって妹が入籍と言うことで、あちらのご家族と辻家が会食をしました。
近所の洋食屋「厨SAWA」です。
ここは私が結婚をする際に、奥さんの両親とうちの両親が会食した場所でもあります。
兄から見ると、妹はいろんな意味で「変わらないなー」と思います。
それでも一人前に仕事をし、家庭を持つのだなーと思うと不思議な気がします。


こーじコーナー第1回目

毎週木曜の夜は、辻こうじと語る「こーじコーナー」ということで、第1回目をやりました。

と、言っても、みなさん来た時間もばらばら。
三々五々、勝手にいろんな人がいろんな人と話すという感じでした。

印象的だったのが、私と月1回春日部駅まで反戦・平和の「ぴーすうぉーく」を一緒にやっているMさんが、「市民ネットワークや生活クラブ生協は、湾岸戦争の頃は一緒にデモをやったりしたが、最近はそういう活動が弱くなっているように見える。戦争は最大の環境破壊でもある。戦争や差別はあらゆる社会問題の根底にあることで、そこをはずして運動をすることがないようにしたい。毎月1回でも地道に反戦活動を続けている辻さんを応援したいし、そういう辻さんが市民ネットから議員になることで、反戦活動がまた盛り返すきっかけになればいいと思う」とおっしゃっていたことでした。

反戦運動を地域でやることの難しさは、「それが生活とどう結びついているのか」ということをきちんと表現しなければいけないことです。
東京でデモ行進に参加しても、近所で戦争の問題を話せる人は誰もいない、ということはよくあることです。

生活の中の言葉から、戦争の問題を話せるようになりたいと思います。

Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
越谷市議会議員
議会運営委員会委員 /総務常任委員会委員 /越谷市農業委員/自治みらい幹事長(会派)
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。

最近の記事

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。