Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

第二工場を考える草加集会に50人

東埼玉資源環境組合の第二工場建設予定地に近い草加市青柳で開催された集会には、会場いっぱいの50人が参加しました。地元の町会関係者などの緊張感ある活発な質疑や意見交換もあり、これまでの他地区での集会にはない、新鮮な雰囲気があり、あらためてこの問題への関心の高さを感じました。

詳しくはこちらのブログを参照

「東埼玉5市1町ごみ減量プランをつくる会」
http://tamagomi51.blog77.fc2.com/blog-entry-25.html
スポンサーサイト

第二工場の地元で集会が開かれます

東埼玉資源環境組合の第二工場建設予定地の地元で、建設の是非を考える集会が開催されます。

■■行き詰まる東埼玉資源環境組合第二工場建設計画~最新情報報告会~■■
約200億円の巨費を投じて草加市柿木町に建設予定の東埼玉資源環境組合第二清掃工場。しかし地域のごみ量は減少し続けています。計画は見直しが必要です。ごみ量の推移や環境省の対応など、最新の情報を報告します。

と き:12月19日(日)
開場 午後1時15分 開会 午後1時30分
ところ:草加市川柳文化センター
草加市青柳6-45-17(草加市立川柳中学校隣)電話番号:048-936-4088
会場地図
基調報告 ごみ減量市民プランをつくる会事務局
事例報告 奈須りえさん(大田区議会議員・大田生活者ネットワーク)※
コメンテーター 青木泰さん(環境ジャーナリスト)
資料代 300円
主催:東埼玉5市1町・ごみ減量市民プランをつくる会
お問い合わせ 090-8312-0386(担当・武井)

※事例報告:「東京23区一部事務組合大田第二工場廃止について」
焼却施設の過剰が問題になっている東京23区でも、発生ゴミ量予測の見直しが行われ、施設変更が行われました。大田第二清掃工場が事実上、廃炉に決定。この決定がなされるまでには23区内住民のさまざまな取り組みがありました。大田第二工場の地元でごみ問題に取り組んでいる大田区議会議員の奈須りえさんに、東京23区の事例報告をしていただきます。
レポーター:奈須りえさん
大田区議会議員。大田・生活者ネットワーク代理人。容器包装リサイクル法改正運動や東京都の廃プラスチック焼却問題などに取り組んでいる。
第二工場イメージ図(圧縮)

【以下、チラシから引用】
●減り続ける5市1町のごみ
草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町からでる焼却ごみは東埼玉資源環境組合で焼却処理されています。越谷市増林にある焼却工場が稼働中ですが、草加市柿木町にもうひとつ焼却施設(第二工場)を建設する計画が進んでいます。その建設費は約200憶円。ところが現在組合に持ち込まれるごみの量は減少の一途をたどっています。さらに持ち込まれているごみの内容をみると紙ごみや布ゴミなど本来であれば燃やさなくてもいいごみが半分ちかく含まれています。巨費を投じて新しい焼却場を作るよりも、ごみを減らして医療や福祉などの必要なところに予算を投じるべきです。

●環境省「減量政策がなければ交付金は出せない」
建設に必要な予算は国からの交付金と5市1町の負担になります。現在、組合は国に対して交付金の申請にむけた事前協議を行っています。申請にはこの地域の将来の焼却ごみ量の予測を出さなければなりません。その予測は2003年以降減少に転じたごみ量が、今年から一転して増加し始めて現在の第一工場だけでは処理できなくなるというもの。これには環境省も閉口し、「ごみ減量化に取り組まない計画には交付金は出せない」という態度を示しています。

●焼却炉よりもゴミ減量のためのプラントを!!
仮に減量政策に積極的に取り組んで、ごみがさらに減少した場合(参考になる先進地域の事例には事欠きません)いよいよ第二工場は不要になります。逆に減量策に取り組まなければ国の交付金は降りません。いずれにしても、第二工場建設計画は見直しが必要です。私たち『東埼玉ごみ減量市民プランをつくる会』は新しい焼却工場の建設ではなく、生ゴミ堆肥化施設や東埼玉共同のリサイクルプラザなどのごみ減量施設建設への計画変更を提案します。緑の美しい草加市柿木町には前時代の遺物のような金食い虫の焼却工場ではなく、新たな資源循環型社会の根幹を担うような「リサイクル村」が似合っていると思いませんか??

古靴の回収をします

生活クラブ生協が、12月5日(日)のイベントで古靴の回収をします。
市では燃えるごみにしてしまう靴ですが、はける状態のものであれば、発展途上国などで再利用されるそうです。
おうちに古靴のある方は12/5(日)10:30~16:30までに生活クラブの生活館まで持ってきてください。
回収場所;東越谷3-6-23 生活クラブ生協越谷生活館
チラシ↓
http://tamagomi51.web.fc2.com/i/koshigaya_tenjikai1205.pdf

越谷市民ネットワークのホームページが全面リニューアルしました

越谷市民ネットワークのホームページが全面リニューアル!

写真や辻こうじのプロフィールなども充実。
ぜひご覧ください。↓
http://koshigaya-net.main.jp/

12月議会は内容盛りだくさん!

12月定例市議会が昨日開会しました。
越谷市の10年間を決める最上位計画である「第4次総合振興計画」の理念編である「基本構想」の制定が議案してとして出されました。
その他の主な議案としては、

吉田茂教育長の再任、市役所の機構改革、職員定数の増員、議員・特別職の期末手当額切り下げ、職員給与額の切り下げ、アリタキ植物園有料化、指定管理者の指定など

職員定数の条例改正では、看護体制の充実と収益確保のための市立病院看護師定数増と中核市移行と保健所設置準備のための定数増の計74人を職員定数増の内容となっています。

また、今回も一般質問をおこなう予定です。
順番は2番目。
3日(金)午前中になるでしょう。
内容は以下のとおり

①大胆なごみ減量策について
越谷市では、今後10年間のごみ減量計画「一般廃棄物処理基本計画」を策定中ですが、その計画案の内容に目新しいものは少なく、減量目標値も甘いものです。戸田市や久喜・宮代などのごみ減量の取り組みを紹介しながら提案をする予定です。
②生活保護世帯への自立支援策について
生保受給者で就労意欲がありながら、なかなか就労につながらない人に対して、「尻たたき型」ではない柔軟な支援策として知られる「釧路市モデル」や県の「生活保護チャレンジ事業」などとの連携について提案します。

●12月定例会会期日程●

■11月
30(火)開会、故島田議員追悼演説、給与・報酬関連議案の採決
■12月
3(金)市政に対する一般質問(辻はこの日の2番目)
6(月)、7(火)市政に対する一般質問
8(火)議案質疑
9(水)10(金)第4次総合振興計画特別委員会(辻も委員になっています)
13(月)各常任委員会 ※14,15,16日も常任委員会開催日ですが、1日目のみで終了することほとんどです。
17(金) 市長提出議案の採決など 閉会

Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
越谷市議会議員
議会運営委員会委員 /総務常任委員会委員 /越谷市農業委員/自治みらい幹事長(会派)
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。

最近の記事

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。