Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

「原発後」の社会をつくるためのミーティングご案内

4月29日に原発と今後のエネルギーやライフスタイルを考えていくための会合を開催します。
主催は友人で環境活動家?の元木菜々子さんです。

以下、案内文です。



東日本大震災や津波、原発事故で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
今回の一連の天災や事故でみなさん何を感じましたか?
大切な人へどんな想いを抱きましたか?
不安がずっと続き、落ち込んだ人も多かったと思います。
私自身も原発の恐ろしさや続く余震に気持ちが塞ぎ込んでいました。
そんな時てんつくまんや仲間の前向きな生き方に元気をいただき、
節電アクションをしてみたり、被災地支援をしたりすることで自分
にもエネルギーが湧いてきました。
今回の事故で、多くの人が原発に関心をもったことだと思います。
でも今後、事態が安定して、原発の危険性を忘れてしまったり、
大量消費社会に戻ってしまったら、美しい地球を子どもたちに
のこせなくなってしまいます。
そこでネットワーク『地球村』代表高木善之氏を招き、
原発の現状、問題点、そして根本問題をデータも交えて分かりやすく解説してもらいます。
そして被災地の報告もしていただきます。
私はこの企画をきっかけに下記を目指して活動していきます。

①マスコミが伝えない原発の事実を知ってもらう。
②代替エネルギーの可能性を理解してもらう。
③繋がりをつくり、一緒に動ける仲間作りをする。
④不安定な心の持ちようを少しでも元気に出来るように応援する。
⑤ライフスタイルを見直すきっかけ作りをする。
⑥グリーンコーシューマ(環境市民)を増やす。

ぜひ下記ミーティングにご参画いただき、お力添えをお願いします。

日時:4月29日10時~11時30分
場所:新越谷サンシティー 第1会議室
内容:企画全般についての打ち合わせ
会費:100円


☆高木善之さん 紹介
美しい地球を子ども達にという想いをもってNPO法人ネットワーク『地球村』を設立。
地球と仲良く暮らす方法などをテーマに全国で講演活動を続けています。森林破壊や海外の飢餓の問題、市民として私たちに出来ることを具体的に伝えてくれます。
自分に出来ることは全力でやる。愛にあふれた人です。

地球村HP : http://www.chikyumura.org

__続きを読む__

スポンサーサイト

選挙結果

市議会議員選挙の結果は3906票の得票で、41名中2位でした。(定数は32名)

2期目も頑張っていきます。

取り急ぎご報告です。

地域医療の予定候補者・議員アンケート

ブログの更新を一時中断します

…などと書いたばかりですが、書き忘れたことがありました。

越谷の地域医療問題を考え活動している「地域医療を考える市民の会」が、現職市議会議員と予定候補者に地域医療に関するアンケートを実施しました。その結果が公開されていますので、ぜひご覧ください。
http://www.h4.dion.ne.jp/~rook/koshi_medic/

明日は告示日

明日は市議選告示日。朝10時から大袋商店街の選挙事務所前で出発式を行います。
ぜひご参加ください。今回の選挙は選挙カーを使わず、自転車での出発になります。
車を使わないのは震災に伴う「自粛」ではなく、エネルギー大量消費型社会が、原発依存の構造を作り出したという問題提起と反省から、こういうスタイルでの選挙活動とします。
選挙期間中は、ホームページ、ブログ、ツイッターなどは一切更新できませんし、ビラも配れません。
公職選挙法は、有権者に判断材料となる情報を一切与えずに、選べという。候補者は公職選挙法でがちがちに縛られた中で、名前の連呼とおじぎぐらいしかできない、したがってどの候補者も有権者にとっては違いがわからず、「地元だから投票する」「いい人そうだから」などという判断材料しかなくなる。民主主義は一向に機能しないという悪循環を繰り返してきました。
民主党政権となり、選挙期間中のインターネットの解禁などが議論されましたが、いまだ実現されていません。
今回の統一地方選挙も、そういった制約の中でのものになりますが、精一杯、政策を訴えていきたいと考えます。
それでは、ブログの更新を一時中断します。

統一ローカルマニフェスト2011

通常、選挙におけるマニフェストは、候補者個人や政党単位で示されるものです。

首長選挙や国政選挙のような「政権選択型」の選挙の場合、マニフェストはそのまま政権の方針となり、実現が可能です。(もちろん諸条件によって変更を余儀なくされることもあるが)
しかし、市議会議員選挙の場合、どんなにすばらしいマニフェストを掲げた候補者がいたとしても、その考えが当選後の議会の中で多数派を占めなければ実現性が担保されません。

私は、越谷市民ネットワークとして、明日から始まる市議会議員選挙にむけたマニフェストをお示ししています。

越谷市民ネットワークのマニフェスト(2011年)
http://koshigaya-net.main.jp/manifesto.html

ちなみに4年前の市議選の際のマニフェストとその達成状況はコチラ
辻こうじと越谷市民ネットワークの4年間の通信簿

__続きを読む__

ベーシックインカムのお話:こーじコーナー

国民全員に最低生活費を支給し、貧困していくという「ベーシックインカム」という考え方があります。
「みんなにお金を配ったら働く意欲がなくなある」「財源はどうするのか」などという批判がある一方で、「一律に給付することで、所得控除のための調査に関わる事務経費や貧困対策費が関わらなくなり、社会的コストも削減できる」という立場もあります。
いずれにせよ、貧困問題がこれだけクローズアップされている今日、「「ベーシックインカム」論はその存在感を増してきていることは事実です。
今回のこーじコーナーでは、私の大学時代の後輩で、現在、埼玉県立大学健康福祉学部社会福祉学科の助教(助手)をしている堅田香緒里さんをゲストスピーカーにお招きし、ベーシックインカムとはなにか?、自治体レベルの政策に採用できる可能性などお話いただきます。

堅田さんは学生時代に新宿で野宿者支援の活動にかかわっており、同じく山谷地区で支援活動をしていた私と知り合ったのがお付き合いの始まりです。

ぜひご参加ください。

堅田香緒里さん、日本社会福祉学会学会賞・奨励賞(論文部門)受賞の記事(埼玉県立大学ホームページより)http://www.spu.ac.jp/view.rbz?nd=288&ik=1&pnp=207&pnp=288&cd=809


日時:4月15日(金)19時~21時
ゲスト:堅田香緒里さん(埼玉県立大学教員)
「究極の社会保障ベーシック・インカム」
場所:辻こうじ大袋事務所(地図)
事務所地図圧縮版

県議選の結果

昨日の県議選結果。当選は松沢・自民、藤林・公明、藤沢・みんな、山本・民主。市議で同期だった細川威はまさかの落選。藤沢さんが台風の目でした。
投票率は史上最低の39.54%。 定数4の越谷選挙区で、自民、公明は指定席。民主は複数擁立が失敗。震災後の地方選挙とは何が争点になるのか。単なる防災や「がんばろう日本」ではないはず。エネルギーや都市計画など、再構築を提案しなければなりません。だがそれが難しい。

Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
越谷市議会議員
議会運営委員会委員 /総務常任委員会委員 /越谷市農業委員/自治みらい幹事長(会派)
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。

最近の記事

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。