Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

市が6月から独自の測定を始めます。

本日、同じ会派の佐々木議員、橋本議員と一緒に環境政策課長から話を聞きました。

越谷市は、市民からの要望を受けて6月から市内での大気中の放射線量測定を予定しているとのことです。
市は現在も市役所屋上において簡易測定器で測定をしておりますが、機器の精度の問題で、データを公表していません。また地表近くでの測定は実施していません。
そこで新たに機器を購入し、地表近くの高さでの測定、公表をすることになったとのことです。
60万円の測定器の2台購入を予定していますが、機器が品薄で納品が8月以降になってしまうために、6、7月は業者に委託して測定をし、機器が入り次第独自に行う予定とのことです。
現在、県は地表から50~100センチの高さでの測定を県内100ヶ所で予定していますが、それにプラスする形で市も実施することになります。
今の段階では市内13地区に各一ヶ所程度の測定地点を設けていくことを考えているそうです。
機種はまだ選定中ですが、γ線を測れる機種で検討しているとのこと。

土壌中の放射性物質の測定については、検査費用の問題から越谷市単独での実施が難しく、県に要望しているとのことです。
スポンサーサイト

統一ローカルマニフェスト市民報告集会

今回の越谷市議選では、会派・党派を超えて8名の候補者が議会改革などの統一マニフェストを掲げ、7名が当選を果たしました。
これは全国的にも大変珍しい取り組みで、これまでの選挙の在り方を変えていく起爆剤となると思います。
この度、その7名による市民報告集会を開催しますので、ご参加ください。

日時:6月1日(水)18:30
会場:中央市民会館第2、3会議室
参加費:無料
主催:政経セミナー運営委員会
賛同議員:
●市議●
江原千恵子、菊地貴光、白川秀嗣、辻浩司、橋本哲寿、藤森正信、武藤智、
●県議●
藤沢慎也、山本正乃

測定結果の訂正・注意

5月22日に私がおこなった地表近くでのガイガーカウンタによる計測について、何人かの方からご指摘をいただきました。
機器をむき出しで測定してる点について、本来はビニールなどにくるんで計測すべきであることや、計測機器のInspecter ALERTはGM管での計測なので精度が良く、すべての放射能(α、β、γ)を拾ってしまうため、およそ3倍の放射線量になってしまうことなどの指摘を受けました。
したがって、県などの自治体の発表と比較するためには、私が計測・公表した放射線量の0.32μSv/hは、その3分の1の0.106μSv/hで考えるといいとのことでした。
「あくまで参考値」とことわりを入れての公表だったとはいえ、誤解を招く可能性もあります。
今回の反省を踏まえ、今後は専門家や行政機関、もしくはしかるべき知識を持った方の協力で実施すべきと考えています。
ご指摘ありがとうございました。

また一方で「よく測ってくれた」という声も多数寄せられています。
現状が確認されない中で不安に思っている保護者の方々がたくさんいることをあらためて感じました。
私個人では精確な測定は今の能力ではできませんが、今回の行動が行政を動かす起爆剤になればと考えます。
今後もみなさんと一緒に考えながら、行動していきたいと思います。

学校のプールへの対応を問い合わせました

本日(5月23日)、学校のプール掃除への子どもたちの参加とプールの授業への参加について、市教委・学務課長に問い合わせをしました。

もうじき学校ではプールの時期を迎えます。
すでに学校によってはプール掃除などが始まっていますが、プールの底に堆積をしたヘドロに放射性物質が蓄積されている可能性もあります。
冬場に張っていた水を抜いた後にプールの底を洗ったりするプール掃除の作業は例年、先生方に加えて児童・生徒も一緒になっておこなっていますが、今年に限っては放射性物質の影響が懸念され、保護者から「プール掃除をやめてほしい」との声が多数寄せられています。また「プールでの水泳をさせたくない」という声もあります。
私は、正確な数値が測定され公表されていない中で安全が確保されていない状態でのプール掃除やプールの授業は、見合わせるべきだと考えます。せめて、不安に思われる場合は参加しないという選択肢を保障していくべきと思います。
学務課長は「教育上、プール清掃作業に子どもたちを参加させるということは続けていきたい。ただし、そのような問題もあることから、子どもの安全に配慮した形で行いたい」とのことでした。「それは水を抜いた後のヘドロには触らせないという意味ですか?それならば、それがはっきりとわかるように各学校に通知してほしい」と念押しをしたところ「そのように考えています」との回答でした。
プールに入らせたくないと考える保護者の意向についても、「そのような希望が出されればきちんと対応する」とのことでした。

不安に感じている保護者の方は、学校側と話をする際にはこのような市教委の回答を伝えてください。

地表近くの放射線測定をしました

放射性物質の影響を受けやすい子どもたちを守るために、校庭の放射性濃度を測定してほしいという要望が私のところにも何人もの方から寄せられています。
越谷市は簡易測定器を使って市役所屋上での計測をしておりますが、結果の公表をしていません。
生活上の影響を考えるのであれば、屋上ではなく、人の背の高さでの計測が必要です。
私は、市教育委員会と市環境政策課に対して、校庭などの地表近くでの測定をするように要望をしてきましたが、「県がさいたま市のモニタリングポストで測定しており、それが低い値で推移しているので市として改めて測定する必要はない」「市役所屋上での計測はあくまで補完的な意味合い。簡易測定器のために精度が低く、不正確なデータが無用な不安をあおることにもなりかねない」などの理由から、いまだ実施に踏み切っていません。
そこで私は、放射能測定器(ガイガーカウンター)を知人から借りて、自ら地表近くでの測定を実施することにしました。
当初借りれる予定だった方から借りることができず、別な方から借りることになったために、ツイッターで告知してから1週間ほど時間が経過してしまいました。待ち望んでいた方々には申し訳ありませんでした。
CA3C0227.jpg

ここでお断りしておきたいのは、本来このような測定は、しかるべき水準の機器でしかるべき講習・知識を持った人間が行うべきであり、議員とはいえ素人同然の私が行うことは、誤った情報を流す可能性もありなるべく避けるべきことと思います。しかし、行政機関の腰が重く、また運動会シーズンに入り、保護者からの強い要望があったために実施し、その結果を公表することにしました。
以下がその結果です。

__続きを読む__

被災者支援に来てます

1日~4日まで宮城県石巻市に被災地支援ボランティアに来ています。
NADIAという国際ボランティア団体のメンバーとして参加しています。
民家や事務所の泥かきや家具搬出などの作業に従事しています。

帰ったら報告会をやりたいと思います。

Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
越谷市議会議員
議会運営委員会委員 /総務常任委員会委員 /越谷市農業委員/自治みらい幹事長(会派)
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。

最近の記事

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。