Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

[C131] 国とは誰の為にあるか

映画をみました。別段、驚きはしませんでした。「戦争は終わらない」とまた感じました。昔「ゆきゆきて神軍」と言う本になんとなく興味を持ちました。その時も「戦争は終わらない」と感じました。戦争を経験した世代はいま「後期高齢者制度」と言う血も涙もない政策にあい生活苦のあまりに死を選択する方もあらわれています。これはたいへんな社会的問題です。 障害者は65才から繰り上げて強制的に年金から天引きとなります。 これは悪法と言わざるしかありません。 このような「思いやりのない社会」を誰が望むのでしょうか。戦争を超えて日本の復興をして頂いた世代の方に国は「お金がないから自己負担で」と言うのは、正しい政策なのでしょうか。 自己負担におまかえするのなら政策を考えて対策していないのと同じだっと思います。 このようになるまで何年も対策する時間があったはずです。 憲法で最低の生活は約束されているのにおかしいと思います。 この政策を決めたのは小泉政権の時ですが、その小泉さんは今だ支持する方が多くいるようです。 次の総理は誰が良いかと言う世論調査で1〜3位にランクするそうです。 年金、後期高齢者などほとんどの改革は小泉総理時代の政権で強行裁決で可決されています。 なのにまた小泉さんが出る事を望んでいる方が多いのには「がっくり」しました。 みなさん演説が楽しいのと政策が良いのはちがうのです。 越谷も後期高齢者に該当する方も多いと思いますが
一度、「後期高齢者制度における市民の対話の会」などもあって良いと思います。 おわり
  • 2008-05-06
  • 投稿者 : 名もなきひと
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T3] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2008-05-08
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://kozichu.blog87.fc2.com/tb.php/100-c2c33386
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

憲法記念日に蟻の兵隊

5月3日の憲法記念日は、越谷九条の会主催の「蟻の兵隊」というドキュメンタリー映画の上映会に参加しました。

衝撃的な内容の映画でした。

アジア太平洋戦争中に中国山西省で戦っていた59000人の日本軍部隊は、終戦によって中国国民党軍に降伏しました。
しかし現地日本軍司令官と中国国民党軍の閻錫山将軍との密約によって2600人が終戦後も帰国を許されず、中国共産党軍との戦闘を強いられます。中華人民共和国成立後、ようやく帰国がかないましたが、日本政府は彼らを「終戦後も勝手に残留して閻錫山の傭兵になった」と見なし、補償や軍人恩給の対象から除外して今日に至ります。
映画の主人公の奥村和一さんは元残留部隊の兵士で、国を相手取っての訴訟の原告の一人です。
戦争中は国のために戦い、終戦後も「日本軍再建のため」と言われなお戦いを続けさせられ、帰国後は一切の補償から除外されるという、国に裏切られ続けた奥村さんは、残留が軍隊の命令によっておこなわれた証拠を探しに中国に旅立ちます。

調査の過程で、かつて奥村さんが中国人捕虜を殺害した事実を知る人に出会い、当時の状況について話をする場面があります。
話をしている途中から奥村さんの口調が詰問調に変化し、いつのまにか日本兵の自分がよみがえってしまい、はたとする場面などは考えさせられます。
奥村さんの旅は、自分と自分の仲間を苦しみに追いやった国家の責任を追う旅であり、また同時に自らの罪に向き合う旅でもあることがわかります。
そして自らの罪と向き合う奥村さんの姿は決して卑屈ではなく、凛としたものを感じます。

ぜひ多くの方に見てもらいたい作品です。
http://http://www.arinoheitai.com/
スポンサーサイト

1件のコメント

[C131] 国とは誰の為にあるか

映画をみました。別段、驚きはしませんでした。「戦争は終わらない」とまた感じました。昔「ゆきゆきて神軍」と言う本になんとなく興味を持ちました。その時も「戦争は終わらない」と感じました。戦争を経験した世代はいま「後期高齢者制度」と言う血も涙もない政策にあい生活苦のあまりに死を選択する方もあらわれています。これはたいへんな社会的問題です。 障害者は65才から繰り上げて強制的に年金から天引きとなります。 これは悪法と言わざるしかありません。 このような「思いやりのない社会」を誰が望むのでしょうか。戦争を超えて日本の復興をして頂いた世代の方に国は「お金がないから自己負担で」と言うのは、正しい政策なのでしょうか。 自己負担におまかえするのなら政策を考えて対策していないのと同じだっと思います。 このようになるまで何年も対策する時間があったはずです。 憲法で最低の生活は約束されているのにおかしいと思います。 この政策を決めたのは小泉政権の時ですが、その小泉さんは今だ支持する方が多くいるようです。 次の総理は誰が良いかと言う世論調査で1〜3位にランクするそうです。 年金、後期高齢者などほとんどの改革は小泉総理時代の政権で強行裁決で可決されています。 なのにまた小泉さんが出る事を望んでいる方が多いのには「がっくり」しました。 みなさん演説が楽しいのと政策が良いのはちがうのです。 越谷も後期高齢者に該当する方も多いと思いますが
一度、「後期高齢者制度における市民の対話の会」などもあって良いと思います。 おわり
  • 2008-05-06
  • 投稿者 : 名もなきひと
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T3] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2008-05-08
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://kozichu.blog87.fc2.com/tb.php/100-c2c33386
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
越谷市議会議員
議会運営委員会委員 /総務常任委員会委員 /越谷市農業委員/自治みらい幹事長(会派)
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。

最近の記事

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。