Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kozichu.blog87.fc2.com/tb.php/110-c3c0af2c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

とめよう医療崩壊市民シンポジウムのお知らせ

勤務医の30時間連続労働、パンク状態で野戦病院化する救急、看護師不足による病棟閉鎖。
これらの「医療崩壊」はすべて越谷市でおきていることです。

命をまもるための医療にあまりに金をかけない日本。
日本の医師数はOECD諸国平均より16万人も少ない。その中で人口当たりの医師数がもっとも少ない埼玉県。
そんな中で肉体的にも精神的にもぼろぼろになりながら働く医療従事者は、患者から感謝されるどころか、クレームや医療訴訟のリスクを負いながら、救急外来の「コンビ二感覚」での受診やタクシー替わりの救急車利用などと向き合いつつ、燃えつきていっている現状があります。
このままいくと、近い将来世界一の高齢大国となる日本は医師が足りなくなり、医療から排除される医療難民が続出してしまいます。

医療崩壊の原因は国の医療政策にあります。
そのことを、市民、医療関係者、行政が共通の問題意識を持ち、地域から国の医療政策を転換していく運動を作っていかなければとんでもないことになります。

ということで、3月の本田宏さんの講演会参加者を中心に、市民実行委員会を組織し、シンポジウムを開催予定です。

ぜひぜひぜひ、ご参加ください。

●まもろう市民のいのち とめよう医療崩壊 -地域医療を考える市民シンポジウムin越谷-●

パネルディスカッション

●パネリスト
◇「医療の現場から」角田朗さん(越谷市立病院救急部長)
◇「救急の現場から」金子操さん、菊名直也さん(越谷市消防職員・救急隊員)
◇「市民の立場から」①「高齢者医療の実体験から」 関根健一さん ②「こどもと医療の立場から」 近澤恵美子さん ③「障害者と救急医療」 一ノ瀬加代子さん 
●コーディネーター
◇本田宏さん(済生会栗橋病院副院長・医療制度研究会幹事)


日時:7月17日(木) 開場18:15 開会18:30
会場:越谷市中央市民会館 劇場
入場無料
主催:まもろう市民のいのち とめよう医療崩壊・市民シンポジウム実行委員会
(お問合わせ:℡ 048-975-6071  E-mail shimin-hiroba@hotmail.co.jp)

お待ちしてます!!!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kozichu.blog87.fc2.com/tb.php/110-c3c0af2c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
越谷市議会議員
議会運営委員会委員 /総務常任委員会委員 /越谷市農業委員/自治みらい幹事長(会派)
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。

最近の記事

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。