Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

[C224] その通りだと思います

辻さんの言うとおりですね。結果、変わらないとしても きちんと自分の考えを持って発言する議員がいることは、とても嬉しいです、お疲れ様。
僕はニュースで、女子高生が「これ位じゃ日本に景気は変わらないんじゃ?反対です」って言ってるのを聞いて、この子たちに選挙権はまだナイけど、日本の将来は捨てたもんじゃないな、と思いましたよ♪
まぁでも給付されたらもらいますけどね、税金の内訳って僕たち市民にはあまり分からなくて、給付金を払ってもやって行けるんじゃないか?とも思ってしまう部分もあるので。住民税、高過ぎるもん、給料1か月分弱払ってますもんね、年間で。。。
  • 2009-03-21
  • 投稿者 : けんたろ
  • URL
  • 編集

[C225] 頑張れ辻!!!!

正に、創価学会主導の楊の下の二匹目のドジョウをねらった稚拙な愚作、よくぞ頑張った!!!!!
辻君の健闘を断固支持します。
                        
                                合掌
  • 2009-03-27
  • 投稿者 : 住職
  • URL
  • 編集

[C228] 賛成(増税セットにノー)

バラ撒きの麻生政権、絶対許せません。もう、外国へは行って欲しくない。撒くなら私財を投げ打って!そうすれば鰻上りに支持率もアップすること間違いない。国内の地震などの被害者に、病院に、待機児童に、拉致被害者などなど、やること沢山あるはず。国民を大事にしない領主は繁栄しません。まずは辻さん越谷から発信してください。応援します
  • 2009-04-13
  • 投稿者 : 奥山
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kozichu.blog87.fc2.com/tb.php/136-0198f5dd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

定額給付金関連予算に反対しました

3月議会最終日のこの日、定額給付金関連予算を含む、追加補正予算に反対をしました。
事前の予測では反対は私一人かも、という感じでしたが、私の他に会派を超えて2人の議員が反対しました。定額給付金については、賛否いずれにしても悩んだ議員は多かったのではないかと思います。
私の反対理由は、議場での反対討論の内容をそのまま掲載しましたので、ご覧ください。

第36号議案 平成20年度越谷市補正予算案第4号に反対の立場から討論をさせていただきます。
私は、この議案に対してどのような態度を取るべきか、正直なところ悩みました。それは、この議案の中に「定額給付金関連」予算が計上されているからです。
皆様もすでによくご存知と思いますが、定額給付金は、その目的を「景気後退下での住民の不安に対処するため、住民への生活支援を行うことを目的とし、あわせて、住民に広く給付することにより、地域の経済対策に資するもの」として実施されるものです。
給付対象者1人につき12,000円、そのうち65歳以上の者及び18歳以下の者については20,000円)が支給されます。越谷市においては48億1千万円が事業費として計上されております。
私は、お金持ちにも貧しい人にも、とにかく一律にお金を配っていくという政策のあり方に大きな疑問を持っています。
なぜなら言うまでもなく、定額給付金の財源は私たちの市民・国民の税金だからです。
行財政改革の考え方として「選択と集中」という言葉が言われます。
限られた予算をいかに効果的に投入するかという意味ですが、やはりこの時代は本当に必要なところに必要なお金を投じていくという政策が求められると思います。
もちろん、この未曾有の大不況の中、定額給付金がすぐにでも欲しいという方も確かにいらっしゃるでしょう。
派遣切りやワーキングプアの問題がこの間クローズアップされており、こういった問題に対しては早急かつ実効性のある対策が必要です。
しかし、この定額給付金がそういった低所得者の生活支援になるのか。1回限り12,000円が支給されても、貧困の原因を解決しなければ焼け石に水です。
また、地域経済の活性化という意味でも、将来の先行きが不安な中で、口座に振り込まれた給付金はそのまま貯蓄に回り、消費につながらない可能性も高いと思われます。
このように、生活支援としても経済対策としても効果に疑問の残る施策に対して48億円の予算が使われ、またこのお金を配るための給付事務経費としてさらに2億5千700万円が使われるということは、私はやめるべきだと考えます。
このお金は、国から国庫補助金として下りてくるものなので、越谷市が給付をしなければ1円も国から下りてきません。
定額給付金に対しての国民世論は「8割が反対」という一方で「給付されれば受け取る」も8割です。つまり税金の使い方としては反対だけど、それが配られると決まれば自分だけもらわないという選択はできないということです。
自治体も同じで、国が配るための予算を計上したんだから、隣の町も配っているのにうちの街だけ配らないということはできないという自治体が多いのではないでしょうか。
しかし、繰り返して言いますが、このお金の出所は私たちの税金です。配られて増えたように見えるそのお金は、何てことない私たちが払ったお金の一部が戻ってきただけで、さらにそのことによって将来の増税にもつながる可能性もあります。
こういった、やり方に対しては全国の自治体のどこかが「うちは配らない」といわなければいけないのではないでしょうか。
地方分権の時代に給付金を配るか、配らないかを決める権限は地方自治体にあります。この定額給付金は自治事務として実施されますので、本来は自治体に裁量権があるものです。しかし建前はともかくとして、実態としては自治体に裁量権はありません。国に言われたとおりに配ることでしか、この補助金は使えないのです。よく言われるように、定額給付金のお金を学校耐震化などの本当にその街が必要としているお金に使うという裁量権はないのです。
いわば100か0か、配るか配らないかの選択肢しか、実質的にはない中で、議員の皆様の中にも大変苦しい選択をする方もいらっしゃるのではないかと推察します。
私も苦しい選択を迫られましたが、しかしこのような前例を作ることの方が長い目で考えてマイナスになると考え、この議案に反対するところです。
議員の皆様のご賛同をお願いいたします。


スポンサーサイト

3件のコメント

[C224] その通りだと思います

辻さんの言うとおりですね。結果、変わらないとしても きちんと自分の考えを持って発言する議員がいることは、とても嬉しいです、お疲れ様。
僕はニュースで、女子高生が「これ位じゃ日本に景気は変わらないんじゃ?反対です」って言ってるのを聞いて、この子たちに選挙権はまだナイけど、日本の将来は捨てたもんじゃないな、と思いましたよ♪
まぁでも給付されたらもらいますけどね、税金の内訳って僕たち市民にはあまり分からなくて、給付金を払ってもやって行けるんじゃないか?とも思ってしまう部分もあるので。住民税、高過ぎるもん、給料1か月分弱払ってますもんね、年間で。。。
  • 2009-03-21
  • 投稿者 : けんたろ
  • URL
  • 編集

[C225] 頑張れ辻!!!!

正に、創価学会主導の楊の下の二匹目のドジョウをねらった稚拙な愚作、よくぞ頑張った!!!!!
辻君の健闘を断固支持します。
                        
                                合掌
  • 2009-03-27
  • 投稿者 : 住職
  • URL
  • 編集

[C228] 賛成(増税セットにノー)

バラ撒きの麻生政権、絶対許せません。もう、外国へは行って欲しくない。撒くなら私財を投げ打って!そうすれば鰻上りに支持率もアップすること間違いない。国内の地震などの被害者に、病院に、待機児童に、拉致被害者などなど、やること沢山あるはず。国民を大事にしない領主は繁栄しません。まずは辻さん越谷から発信してください。応援します
  • 2009-04-13
  • 投稿者 : 奥山
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kozichu.blog87.fc2.com/tb.php/136-0198f5dd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
越谷市議会議員
議会運営委員会委員 /総務常任委員会委員 /越谷市農業委員/自治みらい幹事長(会派)
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。

最近の記事

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。