Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

[C108] うーん

スキャンダルをスキャンダルとして、さらっと流して、いつか忘れてしまう市民の方にも問題はあると思いますが、自分達がどこから給料をもらっているのか考えれば、議員や議会側からきちんと追究し、市民に説明すべきですよね。
「あの人に突っ込むと、自分も突っ込まれかねないから」保身って、おそろしいですね…
  • 2008-02-20
  • 投稿者 : け
  • URL
  • 編集

[C109] 個人の責任と議会の責任

そのとおりですね。これは主として、議会側の問題なのです。
市民から問い合わせがあろうがなかろうが、議会の責任として明らかにしなければいけないと思います。
不正に対する責任は、その議員個人にあります。
しかし、市民への説明責任と再発防止への責任は議会総体にあります。
議会の中で何が起こったのかを説明する責任は議会全体にあるのだと思います。
ですから、自分はやっていないからといって対岸の火事のようにこの問題に触れないでいることも、本当はいけないことだとおもいます。
  • 2008-02-21
  • 投稿者 : つじこうじ
  • URL
  • 編集

[C111] 政務調査費の事実確認

拝見しました。事実確認は、議長でなく、議員自ら行うのが筋であると思います。情報公開請求により全議員の政務調査の実態がわかります。そこでおかしいのは、住民監査請求すれば、不適正なものを是正できると思います。
やってみては如何ですか

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kozichu.blog87.fc2.com/tb.php/94-08f0e2c1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

越谷市議会の政務調査費問題その2

 越谷市議会には、議会運営上の決め事について話し合う「議会運営委員会(議運)」という委員会があり、各会派の委員によって構成されています。
 私の所属会派「21市民ネット・民主党」選出の委員が議運の席で、この記事の件について問題にしました。しかし、「政務調査費の運用基準は昨年できたばかりで、それ以前のことをさかのぼって問題にすることはできない」との理由でこの問題を取り上げてもらえませんでした。そして領収書偽造の疑いがあることについても「この件は公序良俗に反するかどうかの問題であるので、議運の議題としてはなじまない」との理由で、これまた取り上げてもらえませんでした。
 議運がだめなら、議員全員が参加する場で白黒つけようということで、今度は「全員協議会」の開催を会派として議長に申し入れしました。「全員協議会(全協)」とは「議員相互の意思疎通を図り、議会及び市政等に関する事項を協議する」ための会議体であり、必要に応じて議長が召集します。しかし、全協開催の申し入れも議長判断で「全協開催には至らない」とされ、開催することができませんでした。
 ここまで大きく新聞報道され、越谷市議会全体が市民から不信感をもたれている中、その事実確認のための話し合いの場すら開けない市議会は、自浄能力がないと市民から見なされても仕方がありません。
 そんな中、18日に開催された議員会の場で、このことが問題になり、紛糾しました。
議員会とは、議員間の親睦・融和や研究、福利厚生などを目的とした会で、議長が会長を兼ねています。定例議会開催の1週間前に開催されることが慣例となっており、この日に開催されました。
 予定していた議事が終わった後の時間に質問が続出しました。
「このような問題が起きては議員間の融和は図れない。会長(=議長)は報道内容が事実か確認をしているのか。該当議員が誰か把握しているのか」「議会の権威を失墜させている今の状態をどう考えるのか」「過去のことだから問題にしないという考え方がくさいものにフタということだ」という意見が何人かの議員から相次ぎました。
 私は「越谷市議会32名全体が市民から不信感をもたれている中で、なぜ事実確認のための話し合いの場すら持つことができないのか」「同じように新聞報道された三芳町議会では、議会だよりに当該会派が謝罪文まで載せている」と発言しました。そして「こういう越谷市議会の現状に腹が立っている。なぜ沈黙をしているのか」と問いかけました。
 会長からは「記事は読んだが事実確認はしていない。該当議員については、返金のあった議員については把握しているがもう一人については把握していない」「会派代表者全員の同意を得られなかったので、全員協議会の開催には至らないと判断した」との答えがあり、それをめぐってしばらく会長と何人かの議員との間で激しいやり取りが続きました。
終盤になって、ようやく複数の会派の議員から「事実確認はすべきではないか」という意見が出始め、会長から「なるべく早い時期に事実確認をする」という答えがあり、何とか議員会は終了となりました。
 報道からもうじき2ヶ月になろうかという時期に、ようやく「事実確認をする」ということで合意しました。
 つくづく「市民はなめられてるなー」と感じました。
 このことを問題にしたくないと考えている議員の方たちは、このままフタをして熱が冷めるのを待てば、市民もこの問題を忘れると思っているのでしょうか。
 こうやって、政治への不信感は蓄積されていくのだと思います。
スポンサーサイト

3件のコメント

[C108] うーん

スキャンダルをスキャンダルとして、さらっと流して、いつか忘れてしまう市民の方にも問題はあると思いますが、自分達がどこから給料をもらっているのか考えれば、議員や議会側からきちんと追究し、市民に説明すべきですよね。
「あの人に突っ込むと、自分も突っ込まれかねないから」保身って、おそろしいですね…
  • 2008-02-20
  • 投稿者 : け
  • URL
  • 編集

[C109] 個人の責任と議会の責任

そのとおりですね。これは主として、議会側の問題なのです。
市民から問い合わせがあろうがなかろうが、議会の責任として明らかにしなければいけないと思います。
不正に対する責任は、その議員個人にあります。
しかし、市民への説明責任と再発防止への責任は議会総体にあります。
議会の中で何が起こったのかを説明する責任は議会全体にあるのだと思います。
ですから、自分はやっていないからといって対岸の火事のようにこの問題に触れないでいることも、本当はいけないことだとおもいます。
  • 2008-02-21
  • 投稿者 : つじこうじ
  • URL
  • 編集

[C111] 政務調査費の事実確認

拝見しました。事実確認は、議長でなく、議員自ら行うのが筋であると思います。情報公開請求により全議員の政務調査の実態がわかります。そこでおかしいのは、住民監査請求すれば、不適正なものを是正できると思います。
やってみては如何ですか

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kozichu.blog87.fc2.com/tb.php/94-08f0e2c1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
越谷市議会議員
議会運営委員会委員 /総務常任委員会委員 /越谷市農業委員/自治みらい幹事長(会派)
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。

最近の記事

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。