Entries

みんなの越谷マニフェスト検証大会 6/19(日)開催します

みんなの越谷マニフェスト2015
みんなで検証大会この1年でマニフェストはどのくらい進んだ?


昨年4月に行われた越谷市議選において、埼玉政経セミナーでは市民と超党派の議員・候補者がつくった共通の選挙公約「みんなの越谷マニフェスト2015」を訴えました。そしてマニフェストに賛同する候補者6名が当選をしました。
改選から1年たったこの度、マニフェストはどのくらい実現したのか、課題はなにか、みんなで検証しましょう。「議員にお任せ」ではなく、市民と議員が一緒につくり、一緒に進めていくのが「みんなのマニフェスト流」です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

★日時:2016年 6月19日(日) 13:45開会(開場13:30)
★会場:越谷市北部市民会館 第3会議室 東武スカイツリーライン大袋駅西口下車徒歩5分
★定員:50人(先着順・申込み不要)
★資料代:300円
主催・お問合せ:埼玉政経セミナー運営委員会 
共同代表 小口高寛 辻浩司 事務局 越谷市千間台東4-1098-1(菊地方) 
☎ 090-4456-5668 http://access.moo.jp/koshigaya/seikei/

●第一部 報告&パネルディスカッション
「みんなのマニフェストはどれだけ進んだ?」

①「新しい豊かさ 成長社会から成熟社会へ」  寺島義人さん
②「新しい公共 税金は市民のお金 市民が決める 市民が使う 」 小口高寛さん
③「新しいしくみ 改革のカギ しくみと意識を変える」 岡田英夫さん
コーディネーター辻浩司
      
●第二部 みんなで話そう(ディスカッション)
「市民がやること、議員がやることは?」  


公共施設の運営への市民参加を考える 埼玉政経セミナーのご案内

市民活動支援センターなど、公共施設の運営を市民参加で進めていくことが市民自治を強めていくことにつながります。
越谷市の市民活動支援センターも現在、その運営に市民活動団体、指定管理者、行政がどのような役割を担っていくのか様々な模索が続いています。
一方、昨年10月には市民協働のモデルとして知られたさいたま市市民サポートセンターが、「団体による政治的利用」を理由に議会の介入で指定管理者から直営に変更されるという事件が起きています。議会が公共施設運営の市民参加にどのような立ち位置でかかわるのかが問われた出来事でした。
そのような中、市民と超党派の議員でつくる埼玉政経セミナーで、公共施設運営への市民参加をテーマに特別講座を開催することとなりました。
ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしています。

新しい公共の担い手をどう育てる?~公共施設の運営への市民参加を考える~

日時:4/9 午後6時半~9時(休憩含めて2時間半)
場所:越谷市市民活動支援センター 活動室A・B
資料代:300円
主催:埼玉政経セミナー http://seikei.laccess.net/

●講座内容●

第一部 パネルディスカッション
公共施設の運営への市民参加を考える~

★「越谷市市民活動支援センター運営への市民参加」 (こしがや市民活動連合会 松原千廣さん)
★「さいたま市市民活動サポートセンターの運営をめぐって」 (さいたまNPOセンター 村田恵子さん)
★「行政の立場から」 (越谷市市民活動支援課長 佐々木清さん)

第二部 ワールドカフェ(参加者で小グループにわかれ、思いや気付きをシェアします)

__続きを読む__

山中前市長×SEALDs×ママの会×弁護士×地元市議で安保法制廃止と立憲主義を考えるシンポジウム

戦争法廃止を求める2000万人署名成功を目指して、豪華ゲストで集会を企画しました!
山中光茂さん(前松阪市長)、SEALDs、ママの会、弁護士、地元市議(3会派)による、立憲主義を考えるシンポジウムが越谷で開催されます。
ぜひご参加を!

民主主義は止まらない!
立憲主義から平和を考える集い

日時:2/6(土)18:15開場 18:30開会
場所:越谷市中央市民会館・劇場
   (東武スカイツリーライン越谷駅東口下車徒歩7分 越谷市越ヶ谷4-1-1 ℡048-966-6622)
参加費:500円
主催:STOP!戦争法 オール越谷市民アクション
      電話・FAX 048-989-1320(山田) Eメール koji.t2454(アットマーク)gmail.com

憲法は主権者である私たち国民からの為政者に対する命令書。いかなる政権も憲法を逸脱することはできないはず。しかし、安倍政権は、閣議決定によって憲法解釈を都合よく捻じ曲げ、集団的自衛権行使を容認。国民の反対の声を押し切り、国会で暴力的な強行採決を行いました。立憲主義に基づくこの国の民主主義は風前の灯と言えます。
昨年7月、現職の市長でありながら、この安倍政権のやり方に対し違憲訴訟を呼びかけた山中光茂さんをお招きし、立憲主義、市民自治、平和をテーマにシンポジウムを開催します。

★講演「安保法制違憲訴訟と私たちの未来」   山中 光茂氏(ピースウィング代表、前三重県松阪市長)

講師プロフィール 【やまなか みつしげ】2009年~2015年、松阪市長(全国最   年少)。市民とともに政策を議論し、「市民が役割と責任を持つ」まちづくりを現場において進めてきた。2014年7月に、集団的自衛権の閣議決定を違憲として国と戦っていこうとする「ピースウイング」をたちあげ、代表として各地域において平和な世界に向けた講演活動などを行っている。

★パネルディスカッション「安保法制廃止のために、何ができるか」

パネラー:山中 光茂 (ピースウィング代表、前三重県松阪市長)
石河 秀夫(弁護士) 
元山 仁士郎(学生団体「SEALDs」 宜野湾市出身)
中野 昌子(安保法制に反対するママの会@埼玉)
福田 晃(越谷市議・民主党) 山田 大助(越谷市議・日本共産党)
コーディネーター:白川 秀嗣(越谷市議・自治みらい)


今年もよろしくお願いします

雲ひとつない快晴となった2016年元旦。
今年もよろしくお願い致します。

1451622508076.jpg

昨年は安保法制の成立や原発再稼働など、命と暮らしを脅かすような政治の動きが力を持つ一方、若い世代が声をあげて意思表示をする、民主主義の新しい幕開けも見られ、希望と不安が入り混じる1年でした。
そんな中、4月に行われた越谷市議会議員選挙では、私の3期目の当選と同時に、同じ市民ネットワークから子育て世代の山田裕子さんが初当選し、新しい息吹を感じました。

今年7月には参議院議員選挙が行われます。
安保法制を成立させた勢いで憲法改正をもくろむ安倍政権の強権的反立憲政治との全面対決の年となります。

41歳、厄年ですが、頑張ります。

共に頑張りましょう。

※写真は元旦に行われた千間台西5丁目自治会のお餅つき。28年連続のでお天気に恵まれたとのことです。

議員の育休 かみあわぬ議論を創作劇に

会議規則上の会議の欠席理由に、「出産」のみならず「育児」を加えるかどうかの市議会での議論をめぐり、山田ゆう子議員のフェイスブック記事が会派代表者会議で問題となり、3時間以上のわたって説明を求められた件がこの間、複数のメディアで取り上げられていますが、今度は、お芝居の題材となりました。
代表者会議を傍聴した演出家が着想を得て、「紙の旗」という芝居を書き上げました。
もちろん内容はフィクションですが、代表者会議でのかみ合わないやりとりや、議会独特の文化などがコミカルに描かれた内容で、111月4~8日、下北沢・シアター711で公演予定です。
地方議会の会派代表者会議を舞台にしたお芝居はおそらく他にはないのではないでしょうか。

朝日新聞でも紹介をされています。

議員の育休、かみ合わぬ議論を創作劇に 演出家が埼玉・越谷市議会を傍聴
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12037981.html?_requesturl=articles%2FDA3S12037981.html&rm=150

劇団green flowers
http://g-flowers.com/stage/

Appendix

勝手連 速報!

2/14選挙事務所開き! どうなる統一地方選 透明性のある政治を!
積極的コメント募集!       (2015/1/15 up) Finetoday

リ・ン・ク

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント

Extra

ただいま越谷を        工事中!

越谷在住です! 現在は越谷市民ネットワークで活動しています!

辻浩司

featured:辻浩司
埼玉県議会議員
越谷市民ネットワーク運営委員(議会担当)

1975年春日部市生まれ
妻と娘2人の4人暮らし

あゆみ幼稚園、春日部市立沼端小学校、同立谷原中学校、渋谷教育学園幕張高校、東京都立大学人文学部教育専攻卒。

2007年4月の越谷市議選で初当選。2011年に2期目当選。2015年、3期目当選。
2019年 埼玉県議選初当選

最近の記事

月別アーカイブ

ご意見お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス7万突破! 

ご声援 ありがとうございます!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる